周邊景點spots

>Spots

花卉センター

1991年行政院衛生署漢方薬委員会のスタッフが杉林渓を訪問し、パークエリアに様々な種類の植物が育成しており、また豊富な雨量と十分な太陽の光により、寒帯と温帯の薬草の栽培に適していることを発見しました。
 
1992年衛生署より委託され、私立中国医薬学院と当社は学校と企業による提携にサインし、薬用植物園を開設しました。社会の人々に薬用植物を認識するため、また学校の教育と研究のために提供されています。
 
薬花園は、薬草園と花園の2つのエリアが含まれます。薬草園は中国医薬大学との学校企業間の提携により、教育への使用に提供されています。花園は毎年草花を展示するのに用いられ、合計30種類以上あります。うちボタン、葉牡丹、アジサイ、チューリップ、レンギョウ、山桜は、「杉林渓六大名花」として有名です。エリア内では体をいたわる薬膳料理、記念品、ご当地の農産物と特産物、おやつ、飲み物などを観光客の皆様にご提供しています。
  • 旅館位置
  • 景點位置