周邊景點spots

>Spots

龍鱗瀑布

瀑布の隣の天然の岩の洞窟は、元は燕が群れて巣をかけていた場所です。周囲の環境はひっそりとしており、まるで燕がここで仏法の修業を行っていたかのようであるため、元の名を「燕庵」と言います。
渓流の上流には秋冬と降雨量が非常に少なく、瀑布の水は乾いた岩肌にみえるのみとなります。春夏の雨季になると、流れる水のせせらぎとしぶきの下に、波紋が鱗のように広がるため、その名を「龍鱗瀑布」呼ばれています。
 
春や夏の際は、瀑布の山壁上の台湾ツツジ、台湾オオデマリ、ナガバアジサイ、台湾花筏などが季節の違いにより順次開花します。渓流の中で時々聞こえてくるのは斯文豪氏赤ガエル(Rana swinhoana Boulengeer)のはっきりとした鳴き声です。夕暮れ、午後、夜間のそれぞれに違った気象があります。ここに留まり、この得難い静寂を楽しむことをお勧めします。

 
  • 旅館位置
  • 景點位置