周邊景點spots

>Spots

天地眼

文天祥の「生気歌」曰く[Y1] 、「天地有正気、雑然賦流形、下則為河嶽、上則為日星、人曰浩然、沛乎塞蒼冥(天地の間には正気が存在し、雑然と様々な形体で散らばっている。地上には河と山の英気が、天上には太陽と星の輝きが、人の身の上には実直な精神があり、天地の間に盛大に満ちている)」とあります。
 
杉林渓の最高地点にある「天地眼」に到達し、高みから遠くを望めば、
天地の間の正気が存在し、「浩浩乎如憑虚御風、而不知其所止;瓢瓢乎如遺世独立、羽化而登仙。(天地の正気が自然に生まれ、浩浩として虚により風に御して、その止まる所を知らずがとごく、漂漂として世を忘れて独立し、浮かして登仙するがごとし。)」です。
 
自然の岩壁が風雨に浸食され風化して崩れ落ち、次第に形成されました。幅8メートル、深さ6メートルあり、2か所の洞窟はまるで目のようであり、中間が鼻梁を成しています。
「天眼は人の心を鑑定し、地眼は万物を照らす」と伝わり、忠義に厚く善良な人が天地眼を得られ、激励とねぎらいを受け、悪だくみや嘘、偽善やこびへつらうと罰を受けると言われています。
 天地間存在著一股正氣,紛雜地散佈在各種形體:在地面上的就是江河和山嶽的英氣,在天上的就是太陽和星辰的光輝,在人身上的就是浩然正氣,它盛大地充滿在天地間。當清明太平的時候,為臣下的含蘊著和順之氣,效力於盛明的朝廷;一旦時局艱難,忠臣的節義才會表現出來。

 
  • 旅館位置
  • 景點位置