周邊景點spots

>Spots

渓頭自然教育パークエリア

渓頭自然教育パークエリアは3方を山に囲まれた窪地の地形で、海抜の最高地点は南側の嶺頭山で2,025メートルあります。その向かい北に延びるのは鳳凰山脈で、当エリアの東の境となる山麓を構成しています。西に向かい伸びるのは内樹と山脈であり、北へと曲がって向かい、当エリアの南、西側両側の山麓の境界線で構成され、渓谷の流れは2つの山脈の間を貫き、北より出ていきます。主な範囲は海抜が800から2,000メートルの間となります。
 
巨大で厚い砂岩で構成された高くそびえる鳳凰山は、渓頭の東側にある天然の障壁です。鳳凰山の絶壁の上の厚い層の砂岩は、巨岩が墜落する必須条件でもあります。この岩の性質である単調な泥質の砂岩は、500万年前の浅い海の堆積物です。今に至りこの土地は海面から離れ、1,000メートル以上の高い山地となり、青い桑畑と変わったのを見ることができます。

出典:渓頭自然教育エリアパーク
  • 旅館位置
  • 景點位置