周邊景點spots

>Spots

妖怪村

渓頭妖怪村には古くからの伝説があります。日本名を松林勝一という台湾の鹿谷凍頂の人がいました。若いころここで2匹の動物に出合い、飼うこととなりました。小さな黒熊を枯麻、小雲豹(ウンピョウ)の名前を八豆としました。
ある日、松林勝一が妖怪に出合い、危険の際に枯麻と八豆が現れその身を犠牲にして危険から救い出し、最後に枯麻は行方不明となりました。この時から「枯麻注意」のスローガンがそこかしこで見られるようになり、森林の中の伝説として語り継がれてきました。
 
2011年渓頭妖怪村松林町の和風ショッピングエリアが正式に誕生しました。明山森林会館が心を込めてつくり上げた和風ショッピングエリアは、見渡す限りすべてが木製の家屋に藁ぶき屋根で灯篭が掲げられており、和風或は各タイプの異国情緒あふれる装いの商店が、様々な種類のユニークな妖怪村の名産品、美味しい料理と特色ある記念品を提供しています。
  • 旅館位置
  • 景點位置