周邊景點spots

>Spots
  • 松瀧岩瀑布

    松瀧岩瀑布

    松瀧岩瀑布は雄大な気勢と素晴らしい景色で、「杉林渓一の名所」の名を勝ち取っています。通常時は白絹のように細く流れ落ち、白糸のような滝は人々を感動させます。マイナスイオンの含有量が立方センチごと2万個から5万個、雨季には巨大な瀑布として大量の水が流れ落ちてしぶきが飛散し、雷のような勢いで、景観が多様に変化し、マイナスイオンの含有量は19万個に達します。

  • 九九吊り橋

    九九吊り橋

    九九吊り橋は寮渓から天地眼の重要な交差点であり、松瀧瀑布を鑑賞する絶好のポイントでもあります。

  • ツツジの巨木森林

    ツツジの巨木森林

    ここはユニークで原始的な歩道です。全行程1,600メートルの枕木歩道と落ち葉で敷詰められた、柔らかく快適な台湾ツツジの森林天然歩道です。

  • 龍鱗瀑布

    龍鱗瀑布

    瀑布の隣の天然の岩の洞窟は、元は燕が群れて巣をかけていた場所です。周囲の環境はひっそりとしており、まるで燕がここで仏法の修業を行っていたかのようであるため、元の名を「燕庵」と言います。
    渓流の上流には秋冬と降雨量が非常に少なく、瀑布の水は乾いた岩肌にみえるのみとなります。春夏の雨季になると、流れる水のせせらぎとしぶきの下に、波紋が鱗のように広がるため、その名を「龍鱗瀑布」呼ばれています。

  • 花卉センター

    花卉センター

    1991年行政院衛生署漢方薬委員会のスタッフが杉林渓を訪問し、パークエリアに様々な種類の植物が育成しており、また豊富な雨量と十分な太陽の光により、寒帯と温帯の薬草の栽培に適していることを発見しました。

  • 牡丹園

    牡丹園

    杉林渓は中海抜の温帯気候の条件に位置し、ボタンの栽培に適しています。1985年に栽培を開始し、現在累計で約20,000株、毎年2月から5月に花開きます。

  • 青龍瀑布

    青龍瀑布

    青龍瀑布は116メートルの積み重なった断崖の険しい壁を経て、天から降りてきます。

  • 石井磯

    石井磯

    石井磯は渓流に挟まれた砂や石が強烈な渦となり、硬度の違う川床の岩の層の上に壺穴のような円形のくぼみの地形を形成しています。

  • 杉林渓の巨木:千古紅檜(ベニヒ)

    杉林渓の巨木:千古紅檜(ベニヒ)

    杉林渓の巨木は楽山歩道の中段に位置し、木の種類は台湾の海抜1,000から2,800メートルに分布するベニヒです。

  • 天地眼

    天地眼

    文天祥の「生気歌」曰く 、「天地有正気、雑然賦流形、下則為河嶽、上則為日星、人曰浩然、沛乎塞蒼冥(天地の間には正気が存在し、雑然と様々な形体で散らばっている。地上には河と山の英気が、天上には太陽と星の輝きが、人の身の上には実直な精神があり、天地の間に盛大に満ちている)」とあります。

  • 月老亭(月下老人亭)

    月老亭(月下老人亭)

    月下老人は婚姻をつかさどる仲人の神様として伝えられています。杉林渓の天地が造り上げた自然の景観である龍珠山は、月下老人より賜った亭を設置する霊地なのです。

  • 八八吊り橋

    八八吊り橋

    1999年(民国88年)の912大地震により杉林渓は被害を受けました。後に業者がこの地を新たに修繕した際に吊り橋を「八八吊り橋」と命名しました。

  • 福徳廟

    福徳廟

    福徳廟は1935年に、鹿谷郷の林知産氏が現在の派出所前に建設しました。その間山崩れ、水害、火災などを経て、次々とご利益があり、ここに来る観光客と住民たちを庇護しています。

  • 九八紅橋

    九八紅橋

    薬花園のそばに位置し、渓流を跨ぎ薬花園と穿林桟道を結んでいます。薬花園で花を観賞した後、この橋を渡り穿林桟道から徒歩で約50分間で、観光客サービスセンターに戻ります。

  • 先民トンネル

    先民トンネル

    松瀧瀑布より天地眼歩道に沿って上方向に向かい歩き、このトンネルを抜けると困難からの転機が訪れ、暗く狭い場所から急に開けた場所に着いた感覚があります。唐突に連なる山々、杉林の緑、白雲が左に流れ、青龍が右に回り、川のせせらぎには小魚がのんびり泳ぎ、沢山の大きな石の上には渓流の鳥たちが踊っているのだけが見られます。まるで桃源郷のような美しい景色が瞼に焼き付き、心も体もスムーズにさせてくれます。

  • エネルギーハウス

    エネルギーハウス

    広く無限の宇宙のなかで、エネルギーはどこにでも存在しながら捉えがたいものです。人類からすると、エネルギーの意味は活力とバイタリティーであり、大自然と親しく接することは人体のエネルギーを補充する最も健康的で優れた方法です。杉林渓のいたるところに森林のフィトンチッドと滝からのマイナスイオンが広がっています。杉林渓の自然に抱かれることは、エネルギーの「大補給」なのです。

  • 擎天劈地

    擎天劈地

    1999年9月21日午前1時47分、マグニチュード7.3の規模の強烈な地震が発生しました。震源地は南投県の県内で、台湾全島で激しい揺れを感じ、地表に80キロメートルにわたる破壊域を造り出し、921大地震と呼ばれています。

  • 足漕ぎボートエリア

    足漕ぎボートエリア

    加走寮渓の曲がりくねった流れはパークエリアを経由し、下流のエリアにはダムが設けられていて、1キロメートルにわたる「杉林渓湖」を形成しています。湖の水はクリアに透き通り、時には青空と白い雲を映し出します。時には雲や霧に囲まれて幻想的な風景となり、景観は多様に変化します。足漕ぎボートエリアの停留ポイントは龍珠橋のあたりです。観光客の皆様の水域での活動の安全のために、足漕ぎボートに乗る前に、必ず救命胴衣を着用してください。