周邊景點spots

>Spots
  • 向欣谷

    向欣谷

    ここは元の名を「風孔仔」と言います。高いところから見渡すと、まるで綿のような、雪玉のような、山を取り巻く雲海を見ることができます。時に翻って幻想的になり、時に洒脱で清々しい快晴となります。ここも夕日や、雲や霞を観賞する最良のスポットです。

  • 忘憂森林

    忘憂森林

    南投の美しい景色は、多くの観光客の皆様に忘れがたいくさせるものでありますが、最も神秘的で人々を驚かせるのは「忘憂森林」といっても過言ではないでしょう。
    忘憂森林はもとは杉林渓の鄰に位置する原生林でしたが、921大地震後に川筋が塞がれて沼となりました。高くそびえ立つ杉林も長期間水につかったことで壊死したことにより、かえって特殊な景観を形成し、多くの観光客と写真愛好家の皆様がその名により引き寄せられるようになりました。

  • 渓頭自然教育パークエリア

    渓頭自然教育パークエリア

    渓頭自然教育パークエリアは3方を山に囲まれた窪地の地形で、海抜の最高地点は南側の嶺頭山で2,025メートルあります。その向かい北に延びるのは鳳凰山脈で、当エリアの東の境となる山麓を構成しています。西に向かい伸びるのは内樹と山脈であり、北へと曲がって向かい、当エリアの南、西側両側の山麓の境界線で構成され、渓谷の流れは2つの山脈の間を貫き、北より出ていきます。主な範囲は海抜が800から2,000メートルの間となります。

  • 妖怪村

    妖怪村

    渓頭妖怪村には古くからの伝説があります。日本名を松林勝一という台湾の鹿谷凍頂の人がいました。若いころここで2匹の動物に出合い、飼うこととなりました。小さな黒熊を枯麻、小雲豹(ウンピョウ)の名前を八豆としました。

  • 水漾森林

    水漾森林

    水漾森林は渓阿縦走ルート(渓頭から阿里山のルート)のセクションにあり、921大地震により形成された堰止湖です。長さ約1キロメートル、幅約200メートル、平均深度は約7メートルあり、最も深い場所は16メートルに達します。

  • 金柑樹山

    金柑樹山

    金柑樹山は海抜2,091メートル、テーマ会館の観光客サービスセンター鄰の林道から山頂まで約4,000メートル、往復のハイキングには約5時間必要となります。

  • 鹿屈山

    鹿屈山

    鹿屈山は海抜2,010メートル、登山口は杉林渓の薬花園から松瀧岩自動車道の鄰にある仁亭に向かい、仁亭脇の小山を経て入口に到着し、山頂まで約4,000メートルあり、往復のハイキングには約5時間必要となります。