杉林渓についてAbout Us

>杉林渓について

杉林渓自然教育センター


杉林溪自然教育中心

1983年に龍珠楼の建設が完了し、観光客の皆様に多元的な宿泊の選択肢をご提供しました。;921大地震により損壊し、パークエリアは再建の長く苦しい道のりを歩むこととなり、この建物も数年間放置されていました。しかし2008年に龍珠楼の再建計画が始まり、「自然教育センター」として新たに建設されました。;基盤の補強と室内デザインの内装工事を経て、2011年に正式に民営企業初の自然教育センターが設立されました。
2011年6月5日に環境教育法が正式に施行され、自然教育センターも正式に設立されました。杉林渓の企業としての、この土地に対する社会的な責任を表しています。杉林渓の豊かな自然と人と文化の資源は、プロフェッショナルなスタッフによるプログラムの計画により、環境教育、校外学習、生態体験を提供することで、人々が生態の奥深さと自然の美しさに親しみながら体験できるようにしています。

私たちの目標

► 生態、人と文化、教育の多元的な学習環境の発展。
► 自然教育の重鎮となり、また家庭、学校、コミュニティーと機関や団体の環境学習の場となります。
► 各機関、団体が実施する環境教育、自然学習と生活美学のプログラムをご提供します。
► 生態体験と自然に親しむことにより、杉林渓自然教育センターを、国民全体で楽しく学習できる場所にします。


私たちの信念と努力の方向性

► 私たちは自然環境を認識し、理解し、観賞することでのみ、はじめて自然を大切にし、サポートし保護する行動ができるようになると信じています。
► 自然と文化の学習を通して、国民の自然環境の貴重さと環境に対する優しい行為を向上させることができます。
► 子どもたち、家族、教師、企業と団体の皆様に、愉快な自然学習と環境体験を提供することができます。
► 健康で永続的なライフスタイルをサポートし、環境保護と生物多様性の保護と育成に尽力しています。


杉林渓自然教育センター